エンジェルライブは、2001年から10年以上運営している知名度がある老舗ライブチャットになります。チャット以外の報酬制度も充実していて、チップやギフト・タイムシフト動画など、ログインしなくても稼げる機能があります。

 

 

エンジェルライブは他のライブチャットと比較しても、安全性、チャット率、チャットレディ数等を考えても総合的に優れた日本ライブチャットになります。

 

 

スマホアプリにも対応していて、在宅チャット・ワークのチャットレディはエンジェルライブはかなりおすすめ出来ますね。女性が稼ぎやすい仕事として言われている、ガールズバー、風俗、キャバ嬢よりも、稼ぎやすく何よりもストレス無く働くことが出来るのがチャットのお仕事ですね。

 

 

では、エンジェルライブのメリットやデメリットについても記載をしていきます。

 

エンジェルライブの概要

ライブチャットのカテゴリー アダルト
顔出し 自由
勤務形態 在宅(代理店にて通勤も可能)
運営開始 2001年
募集年齢 18歳以上で40歳未満

 

 

エンジェルライブのメリットとデメリット

メリット①:サイトの安全性も高く辞めたい時に自由に辞めれる

 

エンジェルライブの運営会社はライブチャット業界大手の株式会社リアズです。ライブでゴーゴー、チャットピア、 なども同じ系列の会社です。エンジェルライブの運営開始は2001年で、問題を起こすことなく、運営が続けられています。ライブチャットの中でもかなりの老舗で、警察に各種届出もしていて、法律遵守で運営されていますので、サイト自体は信頼できます。

 

 

個人情報の取扱いも、プライバシーマーク認定企業のシステムを採用するなど力を入れています。システムを通してやり取りするので、メールアドレスや電話番号などの個人情報が男性に知られることも一切ありません。安心してお仕事ができます。

 

 

それに、退会に手続きが大変なことも無く、携帯会社のように違約等のシステムも一切ないので、いつでもすぐに辞めることができます。登録解除の意思をメールで送信した後に、もしまだ受け取っていない報酬ポイントが有れば、給与を銀行に振り込んだ時点で解約となり、情報も消されるので安心です。

 

 

メリット②:チャットレディで稼ぐ為のマニュアルしっかりとしてる

エンジェルライブでは、充実のマニュアルが用意されています。ライブチャットを始めてみたいけど、どうやれば上手くいくのかが分からない女性も多いのですが、エンジェルライブでは、正しいやり方、間違ったやり方等を比較した動画マニュアルがあります。

 

 

それでも上手くいかなければ、サポート体制もありますし、マニュアルなんて無くてもいい女性は、スキップも出来ますので、どのようなチャットレディにも、ストレス無く始める事が出来ます。

 

メリット③:声のみのチャットチャンネルもある

エンジェルライブは他のチャットにはない、「萌えチャット」というチャットチャンネルがあります。萌えチャットでは、2次元の画像の中の人となり、チャットをするんですね。お客さんは2次元の可愛いアニメの子と喋りに来るので、自分が声優になり、会話をリアルタイムでするのです。

 

 

普通のチャットでも顔出しをしなくてもいいのですが、この萌えチャットなら、一切画面に自分を映す必要が無いってことです。ただ、その分、声だけなので演技力も必要になってはきます。

 

メリット④:チャット規制に対してそこまでうるさくない

日本のライブチャットでは、基本として性器の露出を禁止としています。なので、もしアダルト的な配信をしていて、性器が見えてしまったとしたら、その時点でチャットは運営側に落とされてしまいます。

 

 

ライブチャットの中には、その規制が強く、ちょっときわどいだけだったり、見えそうだったりするだけでもチャットを落とされてしまいますが、エンジェルライブでは警告を数回に分けて行い、本当に見えてしまった場合のみ以外は大丈夫なのです。

 

 

また、マックに付いているカメラ等では無理ですが、WEBカメラ等では、モザイクカメラ機能が有りますのでパンツを脱ぐ配信も可能にもなるのです。

 

メリット⑤:稼ぎやすい・安全性が高い・サポートがしっかりしている

上記でも似たような事は書きましたが、エンジェルライブは他のライブチャットと比較しても、安全性、チャット率、チャットレディ数等を考えても総合的に優れた日本ライブチャットと言えるのです。この3本柱を立てる事が出来るのはエンジェルライブならではないかと言えます。

 

 

デメリット①:専属契約がある

 

エンジェルライブには、通常契約と専属契約の2種類があり、通常契約なら、他のチャットにも掛け持ちで出演可能ですが、専属契約はエンジェルライブしか出演できません。専属契約から通常契約に簡単に移行することが出来ますので、エンジェルライブで活動した後、他のチャットライブに移行する事も簡単に出来ます。

 

 

なので、エンジェルライブで少しでも活動するなら専属の方が、専属契約特典のメリットがあるので、おすすめできるのですが、他のライブチャットで活動する前に、必ず通常契約に戻さなければなりませんし、もし稼ぎ分がある場合は引き出してからでないと移行をしない方がいいので、面倒にはなります。

 

 

ただ、特典内容を考えると、専属契約が必須だと言えますね。

 

 

デメリット②:応募年齢が限られている

 

エンジェルライブでは、応募する年齢が限られています。応募年齢が18歳から40歳までなので、40歳以上ですとチャットレディに申し込むことが出来ません。その場合は、エンジェルライブは出来ないので、姉妹サイトとして運営されているチャットピアがおすすめです。

 

 

チャットピアは40代、50代もいるので男性もその年齢層を求めて利用する為、需要が有りますね。

 

 

コメントを残す

評価の関連記事
  • 在宅チャット・ワークのチャットレディはエンジェルライブが稼げる
  • エンジェルライブは他のライブチャットと比べて稼げるの?
  • エンジェルライブでチャットレディするのは危険?安全に稼げる方法
  • エンジェルライブのメリットとデメリットを教えちゃいます!
おすすめの記事